本文へスキップ

ARCNET CircLinkアナライザー専門メーカー  エムアンドシーシステム

TEL. 045-514-5648

〒224-0023 横浜市都筑区東山田4-5-6 104

ArcScan

 
 御社システムでは下記に示す様な不具合は、ございませんか?

■ 何の前触れも無くシステムが停止するが。
■ 時々訳の分からない動きをして異常停止するが。
■ 動作が遅くなった気がするが。
■ データの欠落が有るようだが。
■ アラートランプが時々点くが。
■ 上位システムより異常報告が有るが。
■ 稀に通信の瞬断、復帰を繰り返してお客様より異常報告が有るが原因が分からず苦慮しているが。
■ システムアラートログが正しく報告されないが。
■ システムを設置してかなりの年月が経って、保守・管理の必要性に迫られているが。
■ 最近 システムを納入したが、原因不明の不具合に悩まされているが。

この事例は、弊社アナライザーをご購入されたお客様の導入前の不具合の様子とご購入動機の抜粋です。

このような現象の解析は、解析に必要な情報が得られないパケットレベルのモニターでは不可能です。
物理層の[リンク確立]が不安定なシステムは、非常に厄介な不具合現象となり対応に苦慮します。
まずは、物理層・論理層の不具合切り分けが必要です。

このような不具合は、物理層からプロトコル層まで一貫して計測できる弊社アナライザーで信号解析を行うことが非常に重要です。ARCNETの隅から隅まで詳細に解析することが可能ですので、御社システムに不具合が無いかを確認することが可能です。弊社製 アークネットアナライザー[ArcScan]の導入によって今まで多くのユーザー様が解決されています。

弊社ArcScanアナライザーをご購入頂いたお客様向けにより詳しいアークネット講座を開設しております。
アークネット講座の動画の閲覧は、会員制となりました。会員登録は、ご購入ページにございます。メールにてお申し込みください。

1.概要

 「ArcScan」は、ARCNETのトークンを含む全てのメッセージを取りこぼす事無く保存する自動保存機能自動保存中に計測を止める事無くリアルタイムに解析が行えるリアルタイム解析機能そして伝送線路の波形観測に必要な高速オシロスコープ機能を持つ高性能ARCNETアナライザーです。

これらはシステム監視に必要な機能はもちろん、通常のデバッグで必要とされる基本的な機能の他、メッセージ翻訳機能、プロトコル翻訳機能等、不具合要因の解析を迅速に行うため多くの機能をご用意しております。

「ArcScan」は、特に伝送線路の不具合として知られるバースト・再構築等の
難易度の高い伝送線路の不具合解析から比較的簡単なプロトコルのパケット解析まで一貫して計測可能で、システム開発から保守管理、システム監視まで、初心者からベテラン技術者まで幅広く活用できるアナライザーです。

通信計測は、基本的に計測器との物理的条件を満足しなければならないため、主にハードウェア技術者にお願いして接続試験を試みます。しかし現地での作業となりますと単独で現地に赴く場合がほとんどです。

「ArcScan」は、初心者でも使えるように伝送線路のボーレートとオシロスコープのサンプリング速度を自動的に設定します。この機能によって
初心者でもすぐに現地に飛んで必要な不具合データと通信回線の波形情報を取得することが可能です。
初心者にやさしい計測器です。

アプリケーションソフトは、Windows 7、
最新のWindows 10 32Bit版 64Bit版にも対応しております。

*1 他のアプリケーションソフトとの併用は、避ける事をお勧めします。


ArcScan標準接続図
ArcScan標準接続図




ArcScan外観写真
ArcScan外観

2.特長

1.デフォルトで回線上のすべてのメッセージを長時間保存する自動保存機能
2.伝送線路の異常発生の前後を波形で保存するオシロスコープ機能
3.伝送線路波形を常時モニターする伝送線路モニター機能
4.プロトコル異常を別の視点で捉えるノードシーケンスチャート機能
5.クィック計測を可能にする自動ボーレートとオシロスコープ自動設定機能
6.システム異常の前兆を捉えるノード別トラフィック量モニター機能
7.パケットデータトラフィック量を一元監視が可能なパケットデータトラフィックモニター機能
8.ノードIDの遷移からシステム異常の前兆として捉えるノードマップモニター機能
9.ノードIDの遷移履歴からシステム異常の前兆として捉えるノード履歴モニター機能
10.難易度の高い不具合の場合 他の機器と連携が可能な外部トリガー入力機能
11.難易度の高い不具合の場合 設定がフレキシブルなソフトウェアトリガー機能
12.パケットレベルの不具合の場合 保存された全領域のパケットデータ検索機能
13.メッセージレベルの不具合の場合 保存された領域のメッセージフィルター機能
14.回線異常をハードウェアロジックで高速で検出して知らせる回線異常検出機能
15.OEM仕様に対応可能なフレキシブルな大容量FPGAと大容量SDRAMを採用
16.先進のWindows OS に対応 Windows 7 Windows 10 32bit 64bitに対応
 


3.機能

3-1. 自動保存機能 −−−> 不具合発生時のデータを遡って見ることが可能なので解析が楽!

 自動保存機能は、伝送線路に流れる全メッセージ(トークンを含めて)に最小分解能1μsの実時間情報とハードウェアロジックによる回線異常検出機能で回線ステータス情報を付加してPCのハードディスクにエンドレスに最大約4時間25分の保存(10Mbps)が可能です。

自動保存機能の動作モードとして計測モードとリアルタイム解析モードがあります。計測モードは、エンドレスの計測を開始して主にハードウェアによって
伝送線路の不具合を監視しています。計測モードで運転中に通信異常が発生して不具合解析を行う場合、該当するログデータリスト、またはイベントリストをクリックするとリアルタイム解析モードに遷移します。リアルタイム解析モードに遷移しても計測は、そのまま実行されていて監視システムとして機能しています。つまり計測中ならば、万が一不具合が発生してもデータの取りこぼしがありません。

自動保存中の画面表示例

自動保存中の画面表示例

3-2. オシロスコープ機能 −−−> 不具合発生時の伝送線路波形を確認できるので解析が楽!

 オシロスコープ機能は、自動設定によって最適な条件で伝送線路波形を捉える事が可能です。
伝送線路に異常がある場合 
オシロスコープ機能のプリトリガによって不具合発生前後の伝送線路のアナログ波形を自動的に捉えて保存。イベントリストに記録されます。

波形の全体像の表示はオシロスコープ機能の1段目に表示され、波形キャプチャーメモリのポジションを示し、一段明るく囲まれたエリアカーソルを動かす事によって2段目の概要表示、3段目の詳細表示共にスクロールします。

2段目の概要表示にはアナログ波形、ロジック波形と共にメッセージ翻訳と論理値も表示しています。

3段目の詳細表示部は、カーソルによって電圧、周波数、時間を画面の右側に集約してデジタル表示し、またカーソルで範囲選択すると時間軸、電圧等その時の値を随時表示可能です。

このオシロスコープ機能の最大の特長は、最も解析が難しくて厄介な、伝送線路で発生するバースト・再構築の発生を即座に捉えて、不具合を発生したノード番号、もしくは関連するノード番号を画面上部にヒントとしてオペレーターに情報提供することです。ヒントは、例としてオシロスコープ画面の上部に次のようなメッセージで表示します。この再構築はノード02が送信したノード03へのITT(トークン)にノード03が応答しなかったために発生しました。

オシロスコープ機能表示例

オシロスコープ機能表示例

 
 続いて下記の写真は、お客様システムで不具合の懸念されるシステム運用中に実際に捉えられた伝送線路波形です。
このように不具合の原因となった回線障害を鮮明に捉えることが可能で、この現象の波形データとは別に、プロトコルメッセージは自動保存機能によって再構築からバースト発生、そしてシステムの回復に向かうプロセスが時間情報と共に克明に記録されています。オシロスコープ機能は、通信アナライザーに取って必須の機能であることがお分かり頂けると思います。


ノイズを捉えた伝送線路波形画像お客様のシステムで実際に捉えられたノイズによって伝送線路が乱れた参考写真

3-3. 通信回線信号モニター機能 −> 「伝送線路にデータは流れているのか?」切り分けが楽! 

 計測中は、伝送線路を常にサンプリングして波形表示するのが通信回線信号モニター機能です。
トークン[ITT]信号のみを表示していますので、システムの物理層の確認に最適です。

計測開始して正常な波形が確認出来るか?最も重要な不具合の切り分けが可能です。トークンは、下記に示されるようにITTメッセージ信号に続いてノードIDであるNID信号が2個続けて送出されます。この波形は、正常時の波形を示してありますが、伝送線路のインピーダンス不整合による反射、電波伝搬による空間ノイズの重畳、ケーブルの不具合等によって波形歪が生じるとシステム全体の不具合となるため確認が必要です。不具合解析の必須条件として伝送線路の波形の確認は必要です。

伝送線路モニター機能表示例

10MbpsでHYC-5000を使用した伝送線路モニター機能の波形表示例


3-4. ノードシーケンスチャート機能 −> 不具合ノードの特定が楽!

 ノードシーケンスチャート機能は、不具合ノードがどこにあるかを解析するツールです。
トークン[ITT]がそれぞれのノードを巡回して応答する事によってリンク確立されます。「ArcScan」は、トークンの振る舞いをチャートで表わす機能を初めて搭載しました。

今までは、バースト・再構築が発生すると原因となるノードを探すために膨大なキャプチャーデータの中からトークンを一つひとつ目で追って送信権の遷移を解析していました。この作業は我々専門家でも時々途中で見失ってしまうほど混乱します。今回搭載したノードシーケンスチャート機能とオシロスコープ機能との相乗効果によって、伝送線路の不具合解析が飛躍的に容易になりました。ノードシーケンスチャート機能は、翻訳画面と連動してご覧頂くと非常に分かりやすくスムーズに解析が可能です。

ノードシーケンスチャート機能表示例

ノードシーケンスチャート機能表示例


3-5. 自動ボーレート設定機能 −> 「設定が難しいので現場対応はちょっと…」でも安心!

 通常プロトコル計測器は、ARCNET物理層の仕様を考えてからでないと上手く計測できない場合がほとんどですが、本機ではその必要はありません。通信回線のデータを読み取って自動的にボーレートを設定して計測開始します。特に通信計測でトラブルになるのは、ボーレートの問題で、仕様書、設計書、回路図、最後はシステム管理者を呼び出して大騒ぎして計測開始となります。「ArcScan」は、その心配はありません。最終的にオシロスコープ機能で通信回線上の波形を直接観測することが可能です。


外国製の一部の特殊仕様のノードでは、この機能が使用できない場合があります。ご相談ください。


3-6. ノード別トラフィック量モニター機能 −> 不具合ノードの特定が他の機能との連携で楽!

 ノード別トラフィックモニター機能は、個々のノードの直近5分間の平均パケット送受信量をグラフにして表示しています。通信には短期間に大量のデータを送って後はほとんど通信しない場合と、ネットワークに負荷をかけない分散した通信を行う場合が存在します。データの性質によって決められる要素ですが、予期しないタイミングで大量の通信を行った場合やネットワーク負荷が急激に変動するようなトラフィックの変動は、システム内で異常が起きている兆候と捉えて大きな不具合発生を事前に抑止する事も可能です。納入後の試験段階でプロファイルを作成されることをお勧めします。
 

ノード別トラフィック量モニター機能表示例

ノード別トラフィック量モニター機能表示例

3-7. パケットトラフィックモニター機能 −> ノード間トラフィック関係の確認が楽!

 パケットトラフィックモニター機能は、ノード間のパケッットデータ送受信を一元監視するために使用します。丸い白色の円の中の数値はノードを表しており、ノードの参加・離脱に応じて自動的に増減します。また、ノード間に描画されている青い線はパケット送受信ノードを表しており、矢印はどのノードからどのノードに送信したかをリアルタイムで残像して示しています。ここで、青色のノードは送信、ピンク色は受信ノードを表しています。パケットデータのトラフィック量に応じて青の線が濃くなりますから、トラフィックの偏り等を監視することが可能です。

パケットトラフィックモニター機能表示例

パケットトラフィックモニター機能表示例


3-8. ノードマップモニター機能 −> 参加・離脱を繰り返す不安定なノードの確認が楽!

 ノードマップモニター機能は、緑色の枠内 ノードの参加・離脱を一元的に表示する機能です。
バースト・再構築発生時、またプログラムによってノードがネットワークから参加・離脱した場合 一度参加して離脱したノードは、赤色の文字で表示されてノードマップに遷移があった事が記録されます。時系列でノード履歴を監視する機能と併せてご使用されるとより効率的に解析が可能です。

ノードマップモニター機能表示例

ノードマップモニター機能表示例


3-9. ノード履歴モニター機能 −> 参加・離脱を繰り返すノードの履歴の確認が楽! 

 ノード履歴モニター機能は、ノードの参加・離脱を時系列に表示する機能です。
バースト・再構築発生時、またプログラムによってノードがネットワークから参加・離脱した場合 イベント発生時刻とノードマップの遷移をグラフィックで時系列表示します。ノードマップモニター機能と併せてご使用されるとより効率的に解析が可能です。

ノード履歴機能表示例

ノード履歴機能表示例


3-10. 外部トリガー機能 −> 他の装置からの信号でキックしてトリガーで止めて確認が楽!

 外部トリガー機能は、一般的に難易度の高いハードウェアに起因する不具合等を解析する場合に使用され、他の機器と連携して不具合解析を行う機能です。フォットカップラーで絶縁されたトリガー入力は、接地電位に影響される事無く他の計測機器からキックする事が可能です。他の機器で捉えた信号をトリガーとして「ArcScan」の自動保存機能を操作すればピンポイントで不具合データを捉えることも可能です。


3-11. ソフトウェアトリガー機能 −> 特定ノードの送出したパケットで止めて確認が楽!

 ソフトウェアトリガー機能は、回線上に流れるメッセージ、パケットデータにトラップを設定してイベントとして解析する機能で、より柔軟な設定が行えるソフトウェアトリガー方式を採用しています。

ソフトウェアトリガー機能は計測終了条件として設定した場合、計測中データパターンで示したデータと一致した場合に計測終了させる事が可能です。また監視等にご使用される場合、フラグを立ててイベントリストに残し、そのまま計測を続行してあるイベントの通過を検知する事も可能です。

ソフトウェアトリガー機能表示例

ソフトウェアトリガー機能表示例

3-12. プロトコル解析機能 リアルタイム解析モード −> 監視中でも解析が可能で楽!

 リアルタイム解析モードは、ARCNETシステム監視装置として最適なモードです。
オンライン中に不具合が発生した場合、自動保存しながら即座に不具合解析が可能で、不具合発生時の実時間情報を元に遡って不具合の特定が容易です。このモードは、解析支援ツールとしてオシロスコープ機能、パケットトラフィックモニター機能、ノード別トラフィックモニター機能、ノード別に波形モニター機能、ハードウェア異常検出機能がバックグランドで作動しているため、それらのツールの支援を受ける事が可能です。

下記の画面は、リアルタイム解析モードでバースト発生と再構築の解析モード画面です。ハードウェア異常検出機能によってイベントリストに不具合情報が表示されています。


リアルタイム解析モード表示例
リアルタイム解析モード表示例

3-13. プロトコル解析機能 解析モード −> 他のツールと連携して詳細に解析するツール!

 解析モードには、上述した自動保存しながら解析を行うリアルタイム解析モードと自動保存モードを停止して解析リソースをフルに使う解析モードが有ります。このモードでは、オシロスコープ機能、パケットトラフィックモニター機能、ノード別トラフィックモニター機能、ノード別波形モニター機能、ハードウェア異常検出機能が停止しているため、それらのツールの支援を受ける事が出来ません。主にパケットデータ検索機能、メッセージフィルター機能等を活用してパケットデータの詳細な解析に使用します。


解析モードパケット一行表示例
解析モードパケット一行表示例


3-14. プロトコル解析機能 パケット展開全表示 −> 長いレングスのデータ解析が楽!

 解析モードでパケット展開全表示は、パケットデータのレングスが長い場合、パケットデータの注目したいデータが後ろにある場合、ASCII表示が必要な場合に使用します。データ部にマウスを置くと先頭からの位置情報を表示します。下記の画面は、正常ネットワークでARCNETの解析モードパケット展開全表示です。


解析モードパケット展開表示例
解析モードパケット展開表示例

3-15. プロトコル解析機能 HEX変換展開表示 −> 生データを直接データ確認が楽!

 解析モードでデータ内に混入したノイズ等により正しくメッセージ翻訳できない場合、HEX変換表示でデータを確認できる場合があります。どちらか片方のスクロールで連動して表示します。
下記の画面は、ARCNETの正常ネットワークで解析モードHEX変換表示です。

解析モードHEX変換表示例
解析モードHEX変換表示例


3-16. パケットデータ検索機能 −> 膨大なデータの中からピンポイントで抽出表示が可能で楽!

 パケットデータ検索機能は、目的とするパケットデータのみを抽出して表示する機能です。
取得したデータからプロトコル翻訳と組み合わせて必要とするパケットデータのみを抽出して表示する機能です。検索範囲は、自動保存された全領域に及びます。一致した場所は、緑色の文字、またはマークで示されます。

パケットデータ検索機能表示例
パケットデータ検索機能表示例


3-17. メッセージフィルター機能 −> 収集データからピンポイントで抽出表示が可能で楽!

 メッセージーフィルター機能は、目的とするメッセージのみを抽出して表示する機能です。
取得したデータからプロトコル翻訳と組み合わせて必要とするメッセージのみを抽出して表示する機能です。
フィルター範囲は、自動保存の指定された1ブロックです。

フィルター条件は、メッセージ種別、SID,DID,レングス,ACK/NAK,マークス,ACK/NAK,マーク それらの条件の組み合わせによってより深いフィルター条件で高速にデータ抽出が可能です。

メッセージフィルター機能表示例

メッセージフィルター機能表示例


3-18. 回線異常検出機能 −> 幾重にも張られた異常検出機能で不具合ノードを特定で楽!

 「ArcScan」は、ARCNET全メッセージ自動保存とは別にハードウェアロジックによって下記に示す1〜16までの伝送線路異常発生、復帰検出機能を搭載しております。この機能は、いち早く不具合の前兆現象を捉えて赤枠で示されたイベントリストに表示します。ここに記されたイベントは、不具合の前後を捉えた伝送線路波形としてオシロスコープ機能に波形として保存されます。また関連するキャプチャーデータは、全保存機能によって時間情報とステータス信号は共に全保存されます。

このイベントリストをクリックすることによって、解析が非常に困難な物理層と論理層の不具合要因を切り分けてピンポイントで解析する事が可能です。

1.トークン未検出・・・・・・・・・・・・・・・・物理層を含む通信途絶発生通知
2.トークンを検出しました・・・・・・・・・・・・物理層を含む正常状態回復通知
3.再構築を開始しました・・・・・・・・・・・・・物理層を含む再構築発生通知
4.再構築を終了しました・・・・・・・・・・・・・物理層を含む再構築完了通知
5.CRCエラーを検出しました・・・・・・・・・・パケットデータにCRCエラー発生通知
6.バーストを検出しました・・・・・・・・・・・・伝送線路にバースト信号発生通知
7.バーストをn 回検出しました・・・・・・・・・・伝送線路に多重のバースト信号発生通知
8.ノードn が参加しました・・・・・・・・・・・・ネットワークに新たにノードn 参加通知
9.ノード n他複数のノードが参加しました・・・・・ネットワークに新たに複数ノード参加通知
10.ノード nが離脱しました・・・・・・・・・・・ネットワークからノードn 離脱通知
11.ノード n他複数のノードが離脱しました・・・・ネットワークから複数ノード離脱通知
12.ノードの参加及び離脱がありました・・・・・・ネットワークにノード参加・離脱した遷移通知
13.トリガ1 を検出しました・・・・・・・・・・・お客様が設定したトリガー条件1成立通知
14.トリガ2 を検出しました・・・・・・・・・・・お客様が設定したトリガー条件2成立通知
15.外部トリガを検出しました・・・・・・・・・・お客様が設定した外部トリガー条件成立通知
16.キャプチャメモリがオーバーフローしました・・制御PCが他の重いプロセス実行で計測不能通知

イベントリスト機能表示例

イベントリスト機能表示例


3-19. OEMに対応可能なハードウェア構成 −> 御社のシステム要求に柔軟に答えます!

 処理能力の高い高速32bit CPUと余裕の大容量のFPGA、高速8bitA/Dコンバーター、大容量64MByte SDRAMの採用によってお客様仕様のオプション機能追加が可能です。お客様の幅広い要求に応えるためFPGAは、特に冗長性を高めた設計となっております。 


3-20. Win 7 Win 10 32bit版 64bit版に対応 −> 最新のOSに対応した純国産アナライザー!

 「ArcScan」は、ARCNET計測機器の操作に相応しいOSとして安定性と操作性を考慮してWindows 7 Windows 10をベースに設計されております。 


4.仕様

 

4-1. オシロスコープ機能仕様


入力チャンネル数
1チャンネル
分解能
8ビット
入力インピーダンス
約1KΩ
入力接続形式
内部で伝送線路に直結   
入力回路形式
RS-485=平衡回路 HYC=不平衡回路
利得制御
固定式   
変換レート
最大80Mbps 自動的に伝送速度に準ずるため固定式 
ゼロ調節
自動式 ただしPCとの接続時に一回のみ要   
波形換算記録長
波形データとして異常発生前後のトークン約80個捕捉可能(最大値) 
波形取り込み要因
バースト発生時再構築発生時、手動による波形取り込み開始     
  

4-2. 自動保存機能仕様

       
保存メッセージ種別     
ARCNET準拠全メッセージ   
保存媒体
ホストPCのハードディスク   
最大保存容量
最大32GByte任意に設定可 ハードディスクに充分な余裕が必要   
全保存形式
弊社オリジナルフォーマット形式
通信データのみ保存形式
CSV形式
保存時間参考値
転送速度 10Mbpsの場合 最大4時間25分   
自動保存動作モード
リピートモード、トリガ発生停止モード、イベント発生停止モード   
自動保存起動条件
計測開始で無条件に自動保存モード ユーザーは選択不可   
ホストPC条件
Windows 7、10 32Bit 64bit ハードディスクに充分な余裕が必要   
自動保存運転監視
自動保存中 画面にログステータス表示
 

4-3. 一般仕様

       
製品名     
ARCNET Analyzer ArcScan (アークスキャン)   
型式
MCS-1000   
適合規格
ARCNET準拠   
適合モード
バックプレーンモード (通常使用されるモードです。)   
適合速度
156.25Kbps,312.5Kbps,625Kbps,1.25Mbps,2.5Mbps,5.0Mbps,10.0Mbps   
データ記録方式
タイムスタンプ + PCカレンダー、制御コード同時書き込み方式
回線入力部仕様
RS-485, HYCシリーズを出荷時指定   
キャプチャー容量
64MByte SDRAM
ホスト間通信形式
USB 2.0 480Mbps
タイムスタンプ分解能
32ビット長 最小分解能 1uS 10uS 100uS 1mS 選択式   
タイムスタンプ表示形式
通常表示、インターバル表示、相対時間表示、実時間表示
ッセージ表示形式
トランザクション単位/行   
メッセージの種類
ITT,PAC,FBE,ACK,NAK
イベントリスト最大値
1000行を越えると古い順から抹消されて上書き   
トリガーの種類
ソフトウェアトリガー×2、外部トリガ入力×1
印刷機能
編集後 オリジナル形式テキスト印刷   
ターゲット接続
COAX,RJ-11   
制御PC接続
USB B Type   
その他の接続
DSUB 9ピン   
表示装置
赤色LED,緑色LED,黄色LED,青色LED
電源
ACアダプターにより給電 5V 2A
消費電流
5V 0.5A(MAX)
本体保護回路
ポリスイッチによるサーマル保護 自動復帰式   
外形寸法・重量
170mm(D)×150mm(W)×56mm(H) 530g
ホストPC
DOS/V準拠   
対応OS
Windows 7 ,Windows 10 32Bit版 64Bit版
使用上の注意
他のアプリケーションソフトとは併用しない事をお勧めします。   
付属品
USBケーブル,マニュアル、コネクター、保証書、ACアダプター 
生産国
日本
その他
本製品は、性能向上のため予告なく仕様変更される場合があります。

ナビゲーション

バナースペース

エムアンドシーシステム

〒224-0023
横浜市都筑区東山田4-5-6 104

TEL 045-514-5648
FAX 045-593-3698