本文へスキップ

ARCNET CircLinkアナライザー専門メーカー  エムアンドシーシステム

TEL. 045-514-5648

〒224-0023 横浜市都筑区東山田4-5-6 104

ArcScan サポート・サービス

 弊社アナライザー「ArcScan」のサポートに関する情報をご提供するページです。
弊社アナライザーをご購入後、お客様のシステムで取得されたデータ、波形等の解析で弊社技術サービスのアドバイス等を必要とされるお客様は、下記に示します手続きによって保障期間内は、無償でサポートを受ける事が可能です。

弊社のメーカーとして蓄積されたノウハウと経験と技術データベースが必ずお役に立つものと思います。

特に弊社は、ARCNET LSIに頼らない独自のARCNETプロトコル解析をFPGAベースのカスタムLSIの開発によって製品開発しております。トークンを含む全メッセージの長時間保存、バースト・再構築波形保存等によって物理層レベルから論理層レベルの解析まで一貫してサポートが可能です。お客様で解析が難しい場合、是非ご利用ください。

詳しい事は、弊社技術にご連絡ください。


1.ArcScan波形解析サービス

  波形解析サービスをご希望の場合は、事前に電話、メール等でご相談ください。

「ArcScan」のイベントリストで異常を示した波形データとキャプチャーデータをメールに添付してお送り頂ければ無償にて解析してその結果をお知らせいたします。その際は、下記の内容のご提出にご同意願います。

1.書式は問いませんが、サンプルに示すようなシステム概要図を添付してください。
2.ファイル(F) -> 計測情報を含めて保存(A) -> ファイル名を付けて保存を実行。
3.ファイル名を付けて保存したファイルを圧縮してメールで
サポートにお送りください。
4.気になる点が御座いましたらメモ程度で結構ですのでデータとして添付してください。
5.弊社で必要と判断した場合 御社システム仕様等をお聞きする場合があります。

  解析の難易度によっては、多少のお時間を頂く場合がございます。



2.ArcScanデータ解析サービス

 データ解析サービスをご希望の場合は、事前に電話、メール等でご相談ください。

「ArcScan」のイベントリストで異常を示したキャプチャーデータをメールに添付してお送り頂ければ無償にて解析してその結果をお知らせいたします。その際は、下記の内容の提出にご同意願います。

1.書式は問いませんが、サンプルに示すようなシステム概要図を添付してください。
2.ファイル(F) -> 通信データのみ保存(D) -> ファイル名を付けて保存を実行。
3.ファイル名を付けて保存したファイルを圧縮してメールで
サポートにお送りください。
4.気になる点が御座いましたらメモ程度で結構ですのでデータとして添付してください。
5.弊社で必要と判断した場合 御社システム仕様等をお聞きする場合があります。

  解析の難易度によっては、多少のお時間を頂く場合がございます。



3.ArcScan モジューラコネクター ピンアサイン表


ArcScan モジュラーコネクター結線図

4.ArcScan 外部コネクター ピンアサイン表




5.メディア・トランシーバーの交換方法

 「ArcScan」のメディアトランシーバーは、HYCシリーズとRS−485がご使用になれます。
弊社からの製品出荷時、お客様の通信仕様を伺ってそれに合わせてHYC−5000,またはSN75ALS1178Nを実装して出荷しておりますが、
お客様のお手持ちのHYCシリーズのメディアトランシーバーに交換して使用することも可能です。

その際、交換されるメディア・トランシーバーの通信仕様・定格等を充分確認してください。
間違って取り付けた場合 メディア・トランシーバー、アナライザー本体装置、ネットワークシステムに不具合を生じる場合があります。

その際 本体の上蓋を開けて交換して頂きますが、静電破壊を避けるため静電気を放電させる処置を行ってから作業を行ってくださいまた他の部品等には触れないようにご注意ください。

本体の底面の赤矢印で示されたネジ4本を外すことによって上面カバーを開けることができます。下図をご覧ください。

ArcScan本体裏面ビスを外しての分解図


少し外しにくいですが上面カバーを真上に静かに持ち上げると下の図の様に本体内部が見えます。

ArcScan本体裏面ビスを外して分解した上面写真


HYC−5000に変更される場合、旧SMSC社 HYC−5000をご使用ください。
下の図で赤枠で囲まれた部品(U8)をHYC−5000に交換してください。
基板側に1ピンを示す白い丸印の表示が有ります。1ピンの位置を間違えないように交換してください。
赤枠で囲われた設定ピン(JP27,JP28,JP42)を設定してください。
それ以外の部品には触れないでください。





RS−485
に変更される場合、TI社 75ALS1178をご使用ください。
下の図で赤枠で囲まれた部品(U9)がRS−485のメディアトランシーバーです。
基板側にICの実装方向を示すシルクの表示が有ります。間違えないように交換してください。
赤枠で囲われた設定ピン(JP7,JP29,JP30,JP37,JP43,)を設定
してください。
それ以外の部品には触れないでください。





  以上で交換作業は完了しましたので再び上面カバーをしてネジを止めてください。



この交換作業等についてご不明な点が有りましたら弊社サポートへご連絡ください。

メール
support2@mandc-system.jp へお問い合わせください。
TEL
045-514-5648(平日 09:30〜17:30)
FAX
045-593-3698



ナビゲーション